たのしい森保育園(小平市認可保育所)

tanomori43.exblog.jp
ブログトップ

夏祭り

7月20日土曜日、たのしい森保育園にて記念すべき第一回目の夏祭りを開催いたしました。

e0319922_1232261.jpg


夏祭りは、こども達が暑い季節を大病することなく元気で健康に乗り切ってほしいという大人の思いから行われるようになったという説があるそうです。

e0319922_12323679.jpg


e0319922_1233125.jpg


たのしい森保育園では、「親子共通のたのしい思い出のアルバムの1ページを作ってもらう」という目標のもとに準備、開催させていただきましたが、参加頂いた皆様が、会話やゲームを仲良く楽しんでいる姿を見させていただき、職員も良い思い出を作ることができました。

e0319922_12341028.jpg


e0319922_12384260.jpg


初開催ということで至らない場面もあったかとは思いますが、「こどもたちの最善の利益とは何か」ということを、行事開催時にも出来るだけ具体的に追求し、展開していける様に努力をしていきたいと思います。

e0319922_12334440.jpg


最後に、お手伝いいただいたサポーターズクラブの保護者の方々、参加いただいた保護者の皆様・こども達、地域の皆様、カブトムシをプレゼント頂いた河野先生、臨時講師の峯田先生、評価委員の羽根田さん、夏祭りに携わってくれた全ての方々、感謝いたします。どうも有難うございました。

e0319922_12343415.jpg


たのしい森保育園 職員一同。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-07-22 12:40

咽頭結膜熱(プール熱)について

多摩小平保健所より周知の依頼がありましたので記事にさせていただきます。

咽頭結膜熱(プール熱)について
<病原体>
主に、アデノウイルス3、4、7、11型で引き起こされます。
通常は6月ごろから増加しはじめ、7~8月に患者数のピークを迎えます。
<潜伏期間>5~7日間

<症状>
◎39℃前後の発熱、咽頭痛、結膜炎の症状が出現します。
◎嘔吐や下痢を伴うこともあります。
◎耳のリンパ節が腫れてくることもあリます。

<感染源と感染経路>
ウイルスが,口・鼻の中やのどの粘膜あるいは眼の結膜から体の中に入りこんで感染します。
感染経路は、患者からの飛沫感染、接触感染が中心で、家族内では飛沫感染のほか、患者とのタオルの共用などからの接触感染があります。目やにからの接触感染もあるので注意が必要です。

<予防方法>
自宅で兄弟や姉妹がいる場合は特に、目ヤニから感染する場合もあるのでタオルなどを共用するのはやめましょう。また、流水と石けんによる手洗いをすることが大切です。

<保育園の登園について>
たのしい森保育園では、園児がプール熱にかかった場合、厚労省感染症対策ガイドラインに沿い、主な症状が消え2日経過してからの登園になります。また、登園時には医師の記入による登園許可書が必要です。

当園では、出来るだけ感染が広がら無い様、プールの塩素濃度、環境等は厳しくチェックしていますが、日常でも園児の表情に気配りをし、気を引き締めて保育を行って参ります。

園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-07-09 15:47

七夕など。

色んな方から、「ブログの更新を楽しみにしてるよ!」と声を掛けていただいていました、が最近投稿が遅れており申し訳ございません。何より励ましの言葉をありがとございます!

今回は、いくつか記事を書きます。

★まず明日は七夕。
七夕の起源については諸説あるようですが、保育園では、こども達に日本古来からある風物を見て学んでもらうことや季節感を感じてもらうこと、私達やこども達自身が成長を願いながら飾りを楽しむ、ということが大事なのではと考えています。
e0319922_15151048.jpg

とりわけ乳児さんの短冊を拝見させていただくと、すごく心が和みます。
小ネタですが、とある有名飲料メーカの調査、WEBページの報告によると、七夕の短冊に書いた願い事がかなう確率はなんと2割にも上るそうです!けっこうな確率ですね!


★次に造形の様子について
6月に入ってからは、これまでの表現遊びとは別に定期的に造形活動を行っています。
写真は「小麦粉粘土であそうぼう」の時のもの。
e0319922_1517430.jpg

白いこなからくねくね。視覚、触覚、嗅覚を遊びの中で感じてもらいました。
造る物は人それぞれ。踏んで固めたりり、丸めたり、伸ばしたり、へびさんをつくったり。
e0319922_15175333.jpg

今後も、色んな道具をつかったり、色んな素材を用いて遊んで貰う予定です。

もちろん、乳児さんも!
e0319922_15181326.jpg



★最後に先週行われた防犯訓練の報告。
写真は無くてすいません。
今回の訓練は地震を想定して行いました。
簡単な流れは、地震が発生し、直後は机の下に避難し、揺れが収まった園内放送の後、園庭に避難するという物ですが、今回は過去最高に早く静かに非難できました。
こどもの力に感謝です。乳児さん(1歳児の女の子)が他の乳児さんに「ここに入るの!」と机の下に誘導した姿はとても感動的でした。


以上、また定期的に色んな報告が出来る様、努力します。

園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-07-06 15:21

お知らせ

≪熱中症の予防に関して≫
厚労省より周知依頼がありましたので記事にてお知らせいたします。
気象庁の発表によれば、今年の夏の平均気温は平年並みか平年より高いという予報が出ています。熱中症は適切な予防をすれば防ぐことが出来ますので、予防に努めましょう。

★予防のポイントとして
・こまめな水分、塩分補給
 とくに乳幼児さんには水分をこまめに勧める声掛けが大事!
・室内環境
 扇風機、エアコンを使った温度調整
 お部屋が乾燥すると乳幼児さんはのどを痛めてしまいますので換気も忘れずに!
・体調に合わせた対策
 特に体温調整機能が発達中の乳幼児さんはこまめな体温測定をしましょう!
・通気性の良い衣服を着用
 体を動かしやすい服装をイメージして!ぴったりの服だと熱がこもります。
・外出時の注意
 日傘や帽子の準備、保冷剤を簡易クーラーで持っていく等。
 日陰の利用や休憩も忘れずに。
 天気の良い日は昼下がりの外出を出来るだけ控えましょう!

★もしも熱中症になったら
①自力で水が飲めない、意識が朦朧としているような場合は直ちに救急隊を要請しましょう!
②まず涼しい場所に避難!
③衣服を脱がせ、身体を冷やす!
④水分補給し休憩する!

*暑さの感じ方には個人差があります。大人が歩いていて涼しいと感じていても、アスファルトに近いこども達はすごく暑さを感じている場合もあります。
保護者・保育者が注意深く見守る、気配りをすることが何よりも大事です!


≪給食で使用する食材の放射性物質検査結果≫

小平市内私立保育園給食で使用する食材の放射性物質検査結果について園内の掲示板にも張出ていますが、BLOGでも加えてご報告させていただきます。
詳細は下記小平市のサイトをご覧ください。

http://www.city.kodaira.tokyo.jp/oshirase/032/attached/attach_32751_2.pdf

園長 中川
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-06-07 09:56

芋苗植え

本日は、芋苗植えを行いました。

先週から梅雨の走りとなり天候が心配されましたが、好天すぎるぐらいの好天に恵まれ、楽しく行事を行うことが出来ました。

e0319922_1738185.jpg


天気が良すぎたために熱中症による体調不良も懸念されましたが、気分が悪くなるこどもは出ず、元気いっぱい、たのしく植えることが出来ました。

e0319922_173902.jpg


一般的に現代のこども達は土に触れる機会が少なくなってきたと言われていますが、こういった経験をもとに様々なことを学んでいってもらいたいです。

もし、良く育つことが出来たなら、色々な検討事項は有りますが、育ったお芋をクッキングして貰おうと考えています。

乳児さんにも園の3Fテラスを利用し、植えてもらいましたよ。

e0319922_1740684.jpg


園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-06-04 17:40

防犯訓練

本日は、小平市市民生活部と警視庁小平警察署地域課のご協力のもとに防犯訓練を行いました。

訓練の内容を大まかに書きますと、

①不審者が玄関から侵入。

②子供たちをまっさきに誘導・避難する(不審者と職員の対応をこども達に見せない)

③実際に園から110番通報をし、職員が警察官の到着までに不審者を保育室に入れない対応をする。

④警察官が園に入り不審者を取り押さえる。

というものです。

今回の訓練は職員がどれだけ迅速に園児を誘導・避難し不審者に対し対応出来るかというところが課題でしたが、こども達が協力的で誘導・避難自体は上手くいったのでは無いかと思います。
また、警察官に実際の対応をその場で見ていただくという事もあり、非常に緊張感をもって訓練を行う事が出来ましたし、職員にも刺股(サスマタ)の詳しい使い方、二人での対応の仕方、椅子など園の身近なもので身を守る対応の仕方等、細かくご指導も頂きました。反省点も多くありますが、少しでも改善出来る様に今後も繰り返し緊張感を持って訓練していきます。

最後には、保育室にてこども達におまわりさんからお話しをしてもらいました。

e0319922_1950018.jpg


e0319922_19501663.jpg


はじめは、緊張した様子のこども達でしたが、おまわりさんから持っている道具の説明や、熱意のこもったお話しを聞いて、すごく興味がわいたようでした。

その後の保育中に、とある年長と年中のおともだちが、おまわりさんの持っていた盾を、見よう見まねで想像し作成してくれたり、

e0319922_19502996.jpg


e0319922_19503956.jpg


お昼過ぎに、とある男の子が、「先生、僕おまわりさんになりたい!今日、すごくかっこよかったもん!」とこっそりと私に話しかけてくれました。

職員とこども達、お互いに、とても有意義な一日となったのではと感じています。

最後にご協力いただいた小平市市民生活部と警視庁小平警察署の方々、ありがとうございました。

担当 藤田
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-05-24 19:51

「歌とリズムと表現遊び」

今日は「歌とリズムと表現遊び」を専門の加藤講師を招き行いました。

加藤先生のお話を一生懸命聞いてくれています。

e0319922_13185782.jpg


2、3歳児さんは主に表現とリズム。4,5歳児さんは表現とリズムと一緒に歌も歌います。

e0319922_13161212.jpg


「歌とリズムと表現遊び」では、こども自らが集団の前で自己表現をしなければいけませんし、
初めてこのような遊びに出会うお友達もいますから、どのような展開になるか、多少不安は
ありました。
しかし、日頃は大人しく机で遊ぶのが好きなお友達がすごく良い表情をしてみんなと交わる表現を
見せてくれたり、中々遊びに入れなかったお友達が、たのしそうなお友達を見て自分から集団の
遊びに参加してくれたり、みんなが色んな個性ある表現を見せてくれて、とても充実した遊びの時間
になったように思います。
年齢の高いお友達はお兄さん、お姉さんならでらのスキップやギャロップも見せてくれました。
今後は、毎週2度ほど講師に依頼し、年齢ごとのグループ分けも検討し遊びを行います。

e0319922_13171326.jpg


さて問題です。↓は何の表現でしょう?
e0319922_13193850.jpg





答えはワニ。

今後も、子どもながらの表現や歌い方を否定することなく、肯定しながら、たのしく遊びを展開して
いきたいと思います。

園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-05-08 13:22

誕生会

今日は4月生まれのお友達の誕生会を行いました。

e0319922_16472549.jpg


ひよこ組、りす組一人ずつのお友達。

みんなの前でドキドキしたけれどお母さんと一緒だったので泣くこともなくできました。

幼児のお友達から、歌のプレゼントをもらったり、先生からは「ぞうくんのおさんぽ」の大型絵本を読んでもらったり楽しい時間を過ごすことが出来ました。

e0319922_16475168.jpg


誕生会担当保育士 栗林
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-04-25 16:47

避難訓練

昨日、開園してから初めての火災を想定した避難訓練を行いました。

何の前触れもなく火災のアナウンスに、怖くなり泣き出すお友達も見られましたが、避難自体は速やかに、パニックになることなく無事に訓練を終えることが出来ました。

e0319922_86633.jpg


今回の避難場所は園庭でしたが、避難完了までの時間は乳児さん2分40秒、幼児さん1分50秒でした。

さらなる時間短縮をめざし、職員と工夫してまいりたいと思います。

e0319922_8949.jpg


最後は保育室で、担当のお話をよく聞いてくれました。


園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-04-20 08:08

人気の絵本

たのしい森保育園で人気の絵本を紹介します。

≪幼児さん編≫
e0319922_8193433.jpg

タイトルは「3びきのやぎのがらがらどん」
読み聞かせではすごく熱中して聞いてくれます。
藤田先生の話によると、絵を見ただけでストーリーをお話しするお友達も居るそうです。
中には、この本が嫌いなお友達もいます。
e0319922_8314010.jpg

子ども達はこの本で何を感じているのでしょうか?
ご自宅での会話のきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

≪乳児さん編≫
e0319922_8324356.jpg

タイトルは「がちゃがちゃどんどん」
最近、乳児クラスのお友達の何人かは、棚から自らこの本を持ってきて「これ読んで!」と言わんばかりに先生達へアピールをしてくれています。
e0319922_8482961.jpg

乳児期の言葉の発達には、こどもが視覚的に興味をもった上で、ゆっくり話しかけたり、短い文章を語りかけてあげることが大事であるといわれています。
また、声の強弱や擬音は、物の大きさを理解するのにも役に立っているとも。
何度も言葉を繰り返し、教え込むような語りかけは逆効果だそうです。
実際にこども達が自ら選んでいるこの絵本。ご自宅で絵本の購入の参考になればうれしいです。

園長 中川。
[PR]
# by tanoshiimori | 2013-04-13 08:49